キャバクラと風俗の給料の違い

qwtrshts
キャバクラと風俗で働く場合には給料はどう違ってくるのでしょうか。
どちらが稼げるのだろう。
どちらが好条件だろうと考える人も多いのではないでしょうか。
キャバクラと風俗は業界としては同じなだけに、給料も似ているようなイメージもありますが
実際はどう なのでしょうか。

 風俗の給料について

風俗の給料の特徴としては、毎日が給料日ということです。
これがキャバクラと違う点になります。
今日ブランド品などの高級な物を買ってしまっも明日また1日働けばすぐに給料日になるのは
魅力的な所ではないでしょうか。
例えば、60分20,000円をお客さんが支払った場合にバック率が50%だとすると、10,000円が女の子に入る仕組みになります。
風俗の一般的なバック率の相場としては、40%〜60%の間で決まっています。
よって、風俗嬢の給料はバック金額×接客人数となってきます。
キャバクラと違って、1人指名するとそれが確実に給料として返ってくるのです。
またこれにもいろいろな特典もあり、ホームページをみて指名してもらえた場合と、一回接客した人にリピートしてもらえることの
両方を指名と呼びます。
しかし、前者の場合ネット指名、後者を本指名といいます。
店によってことなりますが、お客さんがそれぞれの指名料を払う場合にはそれが丸々女の子に返ってくる場合もあります。
更に、電マ、ローター、バイブ、パンティなどの様々なオプションもあり、金額はそれぞれ決まっていますが
オプションのバック率は50%〜100%となっています。
接客人数が多く、それらを指名してもらいオプションまでつけてもらえると
一日で多額のお金を稼ぐこともできるようになってきます。
しかし、何回も接客をこなしていかないと人数も増えませんし、日々のサービスが良くないと
お客さんもついていきません。
従って最初は少ないところからスタートとなっていきます。

 キャバクラの給料について

hrsthsr

キャバクラの給料については、月1回、月2回、週ごとの大きく3つにわかれています。
風俗と違って、全額日払いではありません。
基本的には、女の子が売り上げた金額の50%前後を給料としてもらえます。
これは、その女の子が指名したお客さんが使ってくれたお金のことで
お店と交渉次第で上がってくる事もあるようです。
売り上げ制ではなく、時給制の場合には1か月働いた時点で給料が決定します。
時給は単に働いた時間で1時間いくらと決まっているわけではなく
お客さんの売り上げ、呼んだお客さんの数でその時の時給が変わってくるので少し複雑になっています。
時給制でも、自分の頑張り次第で給料が上がったりしていくので、こちらも人気がある程度出ないと
低い給料になります。
風俗の場合と同じく、他のキャストというライバルは存在しますが
キャバクラの場合は、お店に来たお客さんがその場にいる女の子を選ぶので競争も激しくなります。
よって、出勤前後の同伴などの呼び込みをかけてお店に来てもらうようなことも行われています。
風俗の場合は、ほとんどのお客さんが店のホームページを見てからの指名となります。
時間が他のお客さんとかち合ってしまうと、空いている他の女の子にもチャンスが回ってくるので
キャバクラよりは指名の可能性も広がるといえます。
しかし、キャバクラと風俗で共通して言えるのは、たまたまでも自分を指名してくれたお客さんの満足度を得ていかないと
次につながることはないということです。
現代はネット社会でもありますので、1人のお客さんに対するサービスが拡散して評判となってしまいます。
目の前のお客さんを大切にもてなすことが、給料を上げていくコツになってくるのです。

更新情報

2016/08/17
キャバクラと風俗の給料の違いの情報を更新しました。
2016/08/17
プロフィールを新規投稿しました。
2016/08/17
風俗に向いている女の子の特徴とは?の情報を更新しました。
2016/08/17
風俗とは違う?セクシーキャバクラの給与体系の情報を更新しました。
2016/08/17
キャバクラで働くのに向いている女の子って?を新規投稿しました。
△PAGE TOP